読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せ!イクメン父ちゃん!!

母親には劣るけど、子育てに奮闘する父親の日記

お勧め絵本の紹介:999ひきのきょうだいのはるですよ

長男くん(4歳)がお気に入りらしく、週末に保育園から借りて来ました。

借りている間、何度も一緒に読みましたが、対象年齢が4~5歳くらいなので、文章が多く、話自体もこれまでのものより長かったです。

f:id:kosuke0617:20160920165139j:image

作者:木村研(作)、村上康成(絵)

出版社:ひさかたチャイルド

 

ネット上での参考価格は1200円(+税)です。

999ひきのきょうだいのはるですよ|絵本ナビ : 木村 研,村上 康成 みんなの声・通販

 

 999匹の兄弟カエルの中でずば抜けて大きな『お兄ちゃんカエル』は寝坊助で、春が来てもなかなか起きません。お母さんカエルに起こされて、今度は他の寝坊助を探しに出かけます。次々にいろんな動物に春が来たのを告げて起こしますが、最後に出会った動物にビックリ!お兄ちゃんカエルと弟たちはどうなるのでしょう…

というストーリーです。

 

999という数字は長男くんにはまだ難しいですが、『とにかく大きい数字だね』というくらいは認識しているようです。

 お母さんカエルの言動から、やっぱり母親は偉大だな~」という思いが子供ながらに刻まれる絵本たと思います。(父親としてはょっと寂しい気もしますが…)

 

『999ひきのきょうだいのはるですよ』の購入サイトはこちら

 

 

人気の子育てブログはこちらでチェック


にほんブログ村